アソシエのアクティビティ

よいと思った保育方法は、保育先進国からも取り入れていきます。

アクティビティ

IMG_5722_s

アソシエが取り入れている教育。どのアクティビティを採用するかは、各施設の方針に任されています。

英語

ネイティブスピーカーの講師を迎えて、月2~3回、歌とゲームで遊びながら英語を身につけます。abcからではなく、hi!hello!からはじまる遊びが子どもたちは大好き。ものおじせずに楽しく話せて、英語をますます好きになります。英語をよく聞.いて話すので、発音がとてもいいんですよ。

音楽療法(ブンネ法・キッズ)
sozai_bunne_P6110007_s

日本の幼児教育の現場で取り入れたのは、アソシエがいちばん最初だったかもしれません。スウェーデンの音楽療法士、ステン・ブンネ氏によって開発された、ブンネ法。音楽を用い、身体的、精神的、グループの中でのコミュニケーション能力などの社会性を育む教育法です。音符が読めなくても、子どもでも、すぐに演奏できるようにつくられた、スウィングバーギター、ミニベース、単音フルート、チャイムバーなどのブンネ楽器をつかって、音をだしたり、歌ったり、物語を聞きながら自分で音楽をつくっていきます。まわりの人と呼吸を合わせることも自然に覚えていきます。

聞き方、話し方

インターナショナルで、英語を違和感なく話せるようになることは大事なこと。でも、もっと大事なのは、日本の言葉です。日本語をしっかりと聞く。自分の経験してきたことを、自分の言葉で正しく伝わるように話す。そのトレーニングをするプログラムです。ひらがなの由来を学ぶのに、書道の筆をつかうこともあります。

うたとリズム
P1140227_s

かたちを教えるのではなく、実際に耳で聞かせ、体中でリズムを感じささせ、見よう見まねでも良いので、自然に身体を動かすことで、「身体育て」「心を育て」を図ります。

リトミック

音楽を聞いたり、演奏したり、音の強弱やメロディに合わせ、情感を身体で表現したり。音楽がうみだす世界を全身で楽しみながら、音感や感受性を育んでいきます。

アート
sozai_art_P1040246_s

絵を描くだけではありません。いろいろな素材を使い、自分の思いをいろいろなかたちで表現できる楽しさ、工夫する力を養います。作品には子どもたちの勢いがでてきて、ハッとします。

体操

専門の先生をお招きし、子どもの発達・発育に合った様々な運動遊びを行っています。ストレッチやジャンプ、機械体操、巧技用具を使った様々な運動など、無理なく楽しみながら、運動技能や体力を高めていきます。

コメントは受け付けていません。