ご利用の流れ/書類

 

病気にかかったお子様が急性期を過ぎ「回復期」に入ったものの、集団保育はまだ無理と感じる時など専門の看護師や保育士のいる保育室でゆったりと過ごしていただき、無理なく体力を取り戻せるよう安心して過ごしていただくための保育室です。

病後児とは

病気の回復期にあり入院加療の必要はないが、安静の確保に 配慮が必要であることから集団保育が困難である児童をいいます。

回復期とは

  1. 感冒・下痢など乳幼児が日常罹患する疾病で、急性期を経過した時以降とします
  2. 麻疹・水痘・風疹等学校保健法に規定する伝染病で他の乳幼児に感染する恐れのある感染期を経過した時以降とします
  3. 喘息などの慢性期の発作が治まった時以降
  4. 外傷性疾患(骨折・熱傷など)の症状が安定した時以降とします
  5. 乳幼児の主治医がこの事業の利用を可能とした時以降とします

ご利用の流れ

1.事前にご登録ください。
平日(月〜金)10:00~16:00
お越し頂く前にご登録のご予約をお取りください。
TEL:03-5729-3920

2.かかりつけ医の診察をお受けください。(当日or前日)
「診療情報提供書」を記入して戴いてください。
※医療機関によって文書料がかかる場合がございます。

3.ご予約をとり、以下の「必要書類」を目黒区ホームページよりダウンロードし、ご記入後、ご持参ください。

  • ☆ 病後児保育児童票
  • ☆ 診療情報提供書(医師が記入したもの)
  • ☆ 病後児保育室利用申込書兼病状連絡票
  • ☆ 家庭との連絡票
  • ☆ 与薬依頼書

※ 各書類をご覧になるには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerを使用すれば、閲覧はもちろん保存や印刷も可能です。   こちらから無償でダウンロードできます。